日本の葬儀の様式

通夜は古代の殯(もがり)から始まり、葬儀の前夜祭としての形式となっています。
誰かが寝ずの番をして、夜明けまで灯明や線香の火を絶やさないようにしなければならないと伝わっています。
しかし近年では消防署などにより、式場では夜間の火は焚かないようにとの指導が入っています。そのため、現在では通夜は夜通しではありません。
夜は遺族が帰ってしまう場合もあり、これは通夜を開く遺族によって変わってきます。
火葬場に向かう場合、埋葬した死者が付いてこないように帰りは同じ道を通る風習もあります。
葬儀終了後はお清めの塩をまくことが多いです。
遺体を安置する場合には、遺体の胸の上に魔除として刃物を置き、守り刀とします。
由来は武士の頃より、刀は魔を斬るといった意味や動物除けとしておかれていたとも言われています。 供え物として、枕飯や枕団子を添えます。
この団子の数も日数や地域ごとに変わっているため、様々な説があります。
枕飯はご飯を御茶碗に山盛りにして、御箸をさして飾ります。
埋葬する場所まで送ることを野辺送りといいます。
出棺する前に棺をその場で3回廻したり、建物を3回廻ったりして出棺する風習が一部地域で見られます。
琉球の信仰に基づく葬儀の風習はかなり特異で、告別式の前に火葬を行うのが普通となっています。